インプラントに保険は使えるのか

残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されず治療のごく一部しか保険適用にならないのが負担が大きくなる原因です。現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。